北海道大学 遺伝子病制御研究所

研究所について

共通機器

遺伝子病制御研究所共通機器室では以下の共通機器が利用可能です。
印の装置(機器)は動物実験施設の利用許可が必要

  • 細胞解析装置

    細胞解析装置 BD社製 FACS CantoII

    BD社製 FACS CantoII

    搭載レーザー(488nm、633nm、405nm)。検出可能な蛍光色素(例:FITC、PE、APC、Alexa Fluor、PerCP、Pacific Blue、Cyan、AmCyan)。

    蛍光ラベルした細胞浮遊液を高速で流し、レーザービームを照射して、蛍光の識別とその強度を測定し、個々の細胞のDNA量や特定分子の発現量、あるいは細胞集団内における特定細胞の存在比などを解析する。

  • 細胞解析装置

    細胞解析装置 BD社製 FACS Calibur

    BD社製 FACS Calibur

    搭載レーザー(488nm、635nm)。検出可能な蛍光色素(例:FITC、PE、APC、Alexa Fluor、PerCP、PI)。

    蛍光ラベルした細胞浮遊液を高速で流し、レーザービームを照射して、蛍光の識別とその強度を測定し、個々の細胞のDNA量や特定分子の発現量、あるいは細胞集団内における特定細胞の存在比などを解析する。

  • 細胞分離解析装置

    細胞分離解析装置 BD社製 FACS Aria II

    BD社製 FACS Aria II

    4レーザー(488nm、633nm、405nm、375nm)を搭載。目的とする細胞はチューブならびにマルチウエルプレート(6、12、24、48、96、384)に分取することが可能。

    蛍光ラベルした細胞浮遊液を高速で流し、レーザービームを照射して、蛍光の識別とその強度を測定し、目的の細胞のみを選別・分取する。

  • 遺伝子解析装置(DNAシークエンサー)

    遺伝子解析装置(DNAシークエンサー) ABI社製 3130

    ABI社製 3130

    試料は専用の96ウエルプレートに準備する。

    DNAの塩基配列を自動的に解析する。

  • 遺伝子解析装置(DNAシークエンサー)

    遺伝子解析装置(DNAシークエンサー) ABI社製 310

    ABI社製 310

    試料は専用の96ウエルプレートに準備する。

    DNAの塩基配列を自動的に解析する。

  • リアルタイムPCR装置

    リアルタイムPCR装置 ABI社製 StepOnePlus

    ABI社製 StepOnePlus

    試料は96ウエルプレートに準備する。LEDを採用した光学検出システムで、FAM™ /SYBR® Green、VIC® /JOE™ および ROX™ などの蛍光色素を検出できる。遺伝子発現解析、SNPジェノタイピングなどの実験が行える。

    サーマルサイクラーと分光蛍光光度計を一体化したシステムを用いてPCRによるDNAの増幅と検出をひとつのチューブ内で同時に行い。増幅産物の生成量をリアルタイムで検出し、解析する。反応開始から終了までリアルタイムに反応をモニタリングし、増幅産物の生成の過程を連続してみることができるため、得られた増幅曲線から、微量なサンプルでも正確な定量分析を行える。

  • リアルタイムPCR装置

    リアルタイムPCR装置 ABI社製 ABIPRISM 7900HT

    ABI社製 ABIPRISM 7900HT

    試料は384ウエルプレートに準備する。TaqManプローブあるいはSYBR Greenを用いたアッセイで遺伝子発現量の定量やSNPs解析を行える。

    サーマルサイクラーと分光蛍光光度計を一体化したシステムを用いてPCRによるDNAの増幅と検出をひとつのチューブ内で同時に行い。増幅産物の生成量をリアルタイムで検出し、解析する。反応開始から終了までリアルタイムに反応をモニタリングし、増幅産物の生成の過程を連続してみることができるため、得られた増幅曲線から、微量なサンプルでも正確な定量分析を行える。

  • マイクロアレイ解析装置

    マイクロアレイ解析装置 Agilent Technologies社製 DNAマイクロアレイスキャナ G2565BA

    Agilent Technologies社製 DNAマイクロアレイスキャナ G2565BA

    遺伝子の発現量を網羅的に解析する装置で、一度に4万個の遺伝子の解析が可能。マイクロアレイ上のスポットの蛍光強度を読み取り、数値化を行う。対応蛍光色素はCyanine3、Cyanine5。アレイはAgilent社製のものに限られる。

  • バイオアナライザー

    バイオアナライザー Agilent Technologies社製 バイオアナライザー2100

    Agilent Technologies社製 バイオアナライザー2100

    マイクロフルイディクス技術を用いたプラットフォームの中で、DNA、RNA、タンパク質、細胞の4つの分析を行う装置。

  • 正立型共焦点レーザー顕微鏡システム

    正立型共焦点レーザー顕微鏡システム OLYMPUS社製FLUOVIEW BX61 FV500-BX61-2chAr-HeNeG-SP

    OLYMPUS社製FLUOVIEW BX61 FV500-BX61-2chAr-HeNeG-SP

    搭載レーザー(458 nm、488 nm、543nm)観察可能な蛍光色素(例:FITC、PE、APC、Alexa Fluor、PerCP)

    レーザー光で励起した試料の蛍光・透過光を検出し、試料の二次元・三次元画像を得ることができ、試料の経時変化を追跡することも可能。また、得られた画像データを専用ソフトにより解析可能。

  • 正立型共焦点レーザー顕微鏡システム

    正立型共焦点レーザー顕微鏡システム OLYMPUS社製FLUOVIEW FV1000-D

    OLYMPUS社製FLUOVIEW FV1000-D

    搭載レーザー(405nm、473nm、559nm、635nm)観察可能な蛍光色素(DAPI、Hoechst、furaRed、EYFP、Alexa Fluor、RhdaminePhalloidin、Cy5)

    レーザー光で励起した試料の蛍光・透過光を検出し、試料の二次元・三次元画像を得ることができ、試料の経時変化を追跡することも可能。また、得られた画像データを専用ソフトにより解析可能。

  • 倒立型電動オートフォーカス顕微鏡システム

    倒立型電動オートフォーカス顕微鏡システム OLYMPUS社製 IX81-ZDC-Meta

    OLYMPUS社製 IX81-ZDC-Meta

    高S/Nの蛍光観察から位相差観察まで多様な観察法に対応し、試料の二次元・三次元画像を得ることができ、試料の経時変化を長時間正確に追跡する。また、得られた画像データーを専用ソフトにより解析可能。

  • レーザーマイクロダイゼクションシステム

    レーザーマイクロダイゼクションシステム LEICA社製 LMD顕微鏡システム

    LEICA社製 LMD顕微鏡システム

    組織切片標本や染色体をひろげた試料中の特定領域のみを回収するための装置。組織標本などの中から均質な細胞群、または単一細胞のみを回収し、疾患や生命現象を解明するための分析が可能。

  • クリオスタットミクロトーム

    クリオスタットミクロトーム LEICA社製 CM3050S

    LEICA社製 CM3050S

    急速凍結させた臓器片等から顕微鏡観察用の凍結組織標本を作製する装置。

  • 超高速遠心分離システム

    超高速遠心分離システム BECKMAN社製 L8-80

    BECKMAN社製 L8-80

    最大回転数80,000rpm

    超高速回転で大きな重力を発生させ、溶液中の微細な粒子(溶質)を沈降・分離する。

  • 超高速遠心分離システム

    超高速遠心分離システム BECKMAN社製 Optima TLX

    BECKMAN社製 Optima TLX

    最大回転数100,000rpm

    超高速回転で大きな重力を発生させ、溶液中の微細な粒子(溶質)を沈降・分離する。

  • 超高速遠心分離システム

    超高速遠心分離システム HITACHI社製himac CP 100MX

    HITACHI社製himac CP 100MX

    最大回転数100,000rpm

    超高速回転で大きな重力を発生させ、溶液中の微細な粒子(溶質)を沈降・分離する。

  • 画像解析装置

    画像解析装置 GEヘルスケア社製 Image Quant LAS4000 mini

    GEヘルスケア社製 Image Quant LAS4000 mini

    可能な測定項目(化学発光、生物発光、蛍光、可視光)

    化学発光、生物発光、蛍光検出、可視検出、画像解析に対応する高感度CCDイメージャーを使用し、PCにデータを取り込み画像解析する。

  • 画像解析装置

    画像解析装置 富士フィルム社製 FLA-3000G

    富士フィルム社製 FLA-3000G

    可能な測定項目(蛍光、イメージングプレート)

    化学発光、生物発光、蛍光検出、可視検出、画像解析に対応する高感度CCDイメージャーを使用し、PCにデータを取り込み画像解析する。

  • 画像解析装置

    画像解析装置 富士フィルム社製 LAS-1000LC

    富士フィルム社製 LAS-1000LC

    可能な測定項目(化学発光、生物発光、蛍光、可視光)

    化学発光、生物発光、蛍光検出、可視検出、画像解析に対応する高感度CCDイメージャーを使用し、PCにデータを取り込み画像解析する。

  • マイクロプレートリーダー

    マイクロプレートリーダー DSファーマ社製 POWERSCAN4

    DSファーマ社製 POWERSCAN4

    1~1536ウエルプレートに対応し、吸光・蛍光・発光・時間分解蛍光・蛍光変更偏光の各種測定が可能。

  • 小動物実験用イメージング装置

    小動物実験用イメージング装置 Xenogen社製 IVIS imaging System IVIS Spectrum

    Xenogen社製 IVIS imaging System IVIS Spectrum

    画素サイズ:13.5microns
    解像度:20microns
    量子効率:500-700nm 波長 85%以上

    小哺乳動物のin vivoにおいて化学発光または蛍光から得られる微量光を、宇宙線などの極微量の外光線も遮断できる特殊な測定用暗箱と超高感度冷却CCDカメラを用いて検出し、画像解析を行う。

  • 小動物実験用イメージング装置

    小動物実験用イメージング装置 ALOKA社製 Latheta LCT-200

    ALOKA社製 Latheta LCT-200

    【標準走査時間】
    ●断層撮影モード(180°収集)
    標準モード:約5.8s/回転、高精度モード:約11.6s/回転、超高精度モード:約23.2s/回転、積算モード:約23.2×Ns/回転
    ●断層撮影モード(360°収集)
    標準モード:約10.6s/回転、高精度モード:約21.2s/回転、積算モード:約21.2×Ns/回転
    ●一般X線撮影モード(デジタルラジオグラフィ)
    標準モード:約8.3s/300mm、高精度モード:約16.6s/300mm、超高精度モード:約33.2s/300mm

    小動物(マウス・ラット・小型ウサギ)のX線断層撮影装置であり、24μmの高分解能で高速に断層像を連続撮影し、3次元画像を構築することが可能である。

  • X線照射装置

    X線照射装置 日立アロカメディカル MBR-1520R

    日立アロカメディカル MBR-1520R

    管電圧調整範囲:35〜150 kV(1 kVステップで微調整が可能)
    管電流調整範囲5/10/15/20 mA
    フィルター選択:9種類のフィルター選択が可能

    小動物(マウス・ラット)や細胞等にX線を照射し、放射線が生体に及ぼす影響を研究したり免疫不全動物を作成する実験に利用できる。

印の装置(機器)は動物実験施設の利用許可が必要