<受賞>

平成28年度  北海道大学 研究総長賞 奨励賞 2017年1月31日(火)(三浦恭子)

The 10th International Symposium of the Institute Network Poster Award 2015年7月24日(金)(河村佳見)

The 9th International Symposium of the Institute Network Poster Award 2014年6月20日(金)(宮脇慎吾)

平成25年度 がん若手研究者ワークショップ ベストポスター賞 2013年9月7日(土)(宮脇慎吾)

第24回高遠・分子細胞生物学シンポジウム ポスター発表優秀賞 2012年8月24日(金)(三浦恭子)

第18回日本炎症・再生医学会奨励賞  受賞 2012年7月6日(金)(三浦恭子)

京都大学医学部 再生医療・臓器再建医学コース 最優秀口頭発表賞 2009年8月2日(三浦恭子)

第6回国際幹細胞学会 (ISSCR) 、Junior Investigator Poster Award 2008年6月(三浦恭子)

第6回国際幹細胞学会 (ISSCR) 、Travel Award 2008年6月(三浦恭子)

<報道>

日経バイオテク2017年4月10日号の「若手研究者の肖像」にて、三浦が紹介されました。

当研究室と研究内容が、文部科学省の科学技術・学術政策研究所が発行する季刊誌「STI Horizon 2016年冬号」において、「奇妙な動物を科学に生かす」として紹介されました。(2016年12月20日)

朝日小学生新聞で三浦が紹介されました。また、担当記者によるハフィントンポストのブログにも掲載されました。(2016年10月7日 11月22日)

朝日新聞デジタルをはじめ、新聞各紙で、ハダカデバネズミiPS細胞論文が紹介されました。(2016年5月11日)

北海道新聞総合面において三浦のインタビューが掲載されました。(2016年3月16日)

公益財団法人テルモ生命科学芸術財団 生命科学DOKIDOKI研究室 この人に聞く「生命に関わる仕事っておもしろいですか?」第37回で三浦が紹介されました。(2015年9月)

Newton別冊「ゲノム進化論」にNewton 2013年12月号の記事が再掲載されました。(2015年6月)

文部科学省の「科学者としての働き方。」で三浦が紹介されました。(2015年3月)

科学技術振興機構JST news「さきがける科学人」で三浦が紹介されました。(2015年3月)

朝日新聞出版「AERA」2014年12月29日ー1月5日合併号で「日本を突破する100人」として三浦が紹介されました。(2014年12月22日)

中日新聞社会面においてハダカデバネズミ研究が掲載されました。(2014年9月14日)

Newton 2013年12月号に、積水化学の自然に学ぶものづくり研究事例として、ハダカデバネズミ研究が「第114回 ハダカデバネズミに学ぶ老化耐性の仕組み」の題名で紹介されました。(2013年10月)

学習用教材「学習指導要領に沿って 新聞活用の工夫 提案 -NIEガイドブック高等学校編」にハダカデバネズミ特集記事が例として採用されました。(2013年3月)

中高校生向けの科学番組であるTBSラジオ夢☆夢エンジンに三浦が出演し、ハダカデバネズミの生態や研究内容が紹介されました。(2012年12月8日)

読売新聞科学欄においてハダカデバネズミ研究が「裸で出っ歯 健康長寿」と題して特集されました。(2012年6月28日)

日経バイオテクonlineにて分子生物学会におけるハダカデバネズミ研究発表が紹介されました。(2011年12月14日)

朝日新聞科学欄においてハダカデバネズミ研究が「驚異の生命力を探れ」と題して掲載されました。(2011年12月5日)

読売新聞社会面においてハダカデバネズミ研究が「うらやましいアンチエイジング遺伝子」と題して掲載されました。(2011年10月13日)

読売新聞科学欄においてハダカデバネズミ研究が「実はすごいハダカデバネズミ」と題して特集されました。(2011年5月9日)

中高生向けのサイエンス冊子someone vol.15 2011.春号にハダカデバネズミが特集されました。(2011年3月25日)