北海道大学 遺伝子病制御研究所

イベント情報

イベント情報

2019年度

  1. 令和元年11月6日(水)第5回北海道大学部局横断シンポジウム開催と第1回若手共同研究助成公募のお知らせ
    令和元年11月6日(水)に「第5回北海道大学部局横断シンポジウム」を開催いたします。本シンポジウムは、若手の育成および生命科学分野の学術交流を図ることを目的とし、各部局の若手研究者の世話人が企画・運営し、平成27年度より毎年開催されています。昨年度は19部局による口頭発表、101演題のポスター発表が行われ、非常に活発な議論がなされました。 第5回目を迎える今回は、前回を上回る26部局が参加し、より広く生命科学分野の学術交流を図ることができる場となっております。また、ゲストとして、大学との共同研究を考える民間企業の方々の参加も予定されています。 さらに、今年度より、本学研究戦略室との連携にて、北海道大学内での分野融合研究の促進を目的とし、複数部局間の若手研究者グループによる生命科学共同研究の公募助成(総額300万円)を行います。申請代表者の方には当シンポジウムでポスター発表をしていただき、各部局からの世話人によって審査され、採択課題は当シンポジウムにて発表いたします。詳細につきましては、「seed募集 共同研究の種」のポスターをご参照ください。 シンポジウムおよび研究助成への多数のご参加、申請をお待ちしております。
    【日時】 令和元年11月6日(水)9:00〜17:30 意見交換会 17:30〜                    
    【会場】 医学部学友会館フラテホール  
    【若手研究者特別講演】 田井中 一貴 先生 (新潟大学脳研究所システム脳病態学分野) 高橋 暁子 先生 (公益財団法人がん研究会がん研究所 細胞老化プロジェクト)  
    【参加費】 無料  
    【申込み】 事前申込み不要  
    【主催】 遺伝子病制御研究所  
    【共催】 水産科学研究院、地球環境科学研究院、理学研究院、薬学研究院、農学研究院、先端生命科学研究院、保健科学研究院、工学研究院、医学研究院、歯学研究院、獣医学研究院、文学研究院、情報科学研究院、北海道大学病院、低温科学研究所、電子科学研究所、触媒科学研究所、北方生物圏フィールド科学センター、北極域研究センター、人獣共通感染症リサーチセンター、生命科学院、総
    詳細はこちら (プログラム)(ポスター) (助成公募案内)
  2. 令和元年6月8日(土) 遺伝子病制御研究所 (IGM) 一般公開
    医学・生命科学の最先端研究に触れてみよう!
    遺伝子病制御研究所では、遺伝子の異常が原因の様々な病気がどうして起こるのかを解明し、それらの病気の予防法・治療法を開発することを目指して、最先端の研究を行っています。小学生から大人まで楽しく、分かりやすく医学・生命科学研究を体験できる内容でお待ちしております。ぜひ、お越しください。
    事前申込は不要です。ご自由にお越しください。(一部の体験学習は人数制限があるため、当日、先着順で整理券を配布します)
    詳細はこちら (ポスター) (ご案内)

    2018年度

    1. 平成31年3月27~28日(水~木)  こども研究所開催
      小学生(3~6年生)の皆さん、大学の研究所で講義を受けて実験しよう! 小学生(3~6年生)の皆さん、大学の研究所で講義を受けて実験しよう!詳細はこちら。 (ご案内PDF)。

      ☞こども研究所開催報告
      平成31年 3月27・28日 二日間 にわたり、道内外25校 から参加した小学生(3年 生から6年 生、34名 および保護者など30名程度を併せ、計60名以上の参加者)を対象に北大遺伝子病制御研究所およびその他の北大附置研究所の研究室内にて、「北大こども研 究所」を開催しました。今回は、低温科学研究所、電子科学研究所、人獣共通感染症リサーチセンター、触媒科学研究所、遺伝子病制御研究所の全5施設の共催 で行いました。
    2. 平成30年6月2日(土) 10:00-16:30 遺伝子病制御研究所(IGM)一般公開
      医学・生命科学の最先端研究に触れてみよう! 遺伝子病制御研究所では、遺伝子の異常が原因の様々な病気がどうして起こるのかを解明し、それらの病気の予防法・治療法を開発することを目指して、最先端の研究を行っています。小学生から大人まで楽しく、分かりやすく医学・生命科学研究を体験できる内容でお待ちしております。ぜひ、お越しください。 事前申込は不要です。ご自由にお越しください。 (一部の体験学習は人数制限があるため、当日、先着順で整理券を配布します)


    3. 2017年度

      1. 平成30年3月26-27日(月-火) こども研究所開催
        小学生(3~6年生)の皆さん、大学の研究所で講義を受けて実験しよう!詳細はこちら。 (ご案内PDF)
        北海道大学で、科学についてのオモシロい話をきいてみませんか?! 科学についての いろんなことが学べるよ! そしてそのあとに、研究室に行って、実験してみよう!! 2日間、白衣を着て研究者にな って、こども研究員の認定書をもらおう!!! 北大で待ってるよ!。
      2. 平成29年6月3日(土)  2017年IGM一般公開
        医学・生命科学の最先端研究に触れてみよう!
        遺伝子病制御研究所では,遺伝子の異常が原因の様々な病気がどうして起こるのかを理解して,それらの病気の予防法・治療法の開発を目指して研究を行っています。小学生から大人まで楽しく,分かりやすい医学・生命科学研究を体験できる内容でお待ちしております。是非,お越しください。
        ■公開内容: (10:00-16:30)
        ★ 最先端研究のお話を聞いてみよう!(サイエンス・トーク)
        ★ 研究室を見学してみよう!(体験学習コーナー)
        ★ 研究内容を研究者が分かりやすく解説!(パネル展示コーナー)
        ■サイエンス・トーク (各トーク,約30分,Q&A 正解者にはプレゼント付きです!)
        ◆ 11:00 村上 正晃所長 挨拶
        細胞を光らせて免疫を理解する/ 澤 新一郎 准教授
        ◆ 13:00 がんの治療が変わる〜免疫治療の威力と未来/ 清野 研一郎 教授
        ◆ 15:00 細胞はどうして癌になるか?/ 野口 昌幸 教授
        詳しくはココをクリック!!
      3. 2016年度

      4. 平成29年3月14日(火) 第2回北大・部局横断シンポジウムが開催されました。
        ベストポスター賞
        山口 和志(電子科学研究所・光細胞生理研究分野)
        ベストディスカッサー賞
        齋藤 沙弥佳(遺伝子病制御研究所・分子腫瘍分野)
        近藤 達成(人獣共通感染症リサーチセンター・国際疫学部門)
        太田 光俊(遺伝子病制御研究所・分子神経免疫学分野)
      5. 平成29年2月20日(月) 山鼻のBlueberry English Preschoolにて、幼児対象の出張講義「からだをまもるんジャーのはなし」を行う予定です。今回は、すべて英語にての公演となります【leaflet】。
      6. 平成29年1月16-17日(月-火)こども研究所開催。小学生(3~6年生)の皆さん、大学の研究所で講義を受けて実験しよう!詳細はこちら。 (ご案内PDF)
        ☞皆様のお陰で無事終了いたしました。200名越える応募いただき、有り難う御座いました。また、今回、45名の小学生(3年〜6年生)および保護者の皆様に御参加いただきました。皆様、感染症やがんに対する免疫を中心とした私たちの研究について子供たちが輝いた目で積極的に参加する様子はとても印象的でした<開催時の様子(写真)。本活動はTVや新聞各社に取り挙げていただきました。今回御参加できなかった方々には心よりお詫び申し上げます。また次回どうぞよろしくお願い申し上げます(文責:分子生体防御分野、高岡晃教)。
      7. 平成29年1月5日(木)札幌北高等学校1年生による職場訪問がありました。
      8. 平成28年10月18日(火)第7回IGM研究交流会が開催されました。
      9. 平成28年6月4日(土)平成28年度遺伝子病制御研究所一般公開開催のお知らせ
      10. 平成28年6月4日(土)平成28年度遺伝子病制御研究所大学院説明会のお知らせ