北海道大学 遺伝子病制御研究所

学部生見学募集

学部生見学募集

研究所に見学に来ませんか?

北海道大学には様々な研究所・センターがあり、最先端の研究、知的好奇心を刺激する研究、病気を予防・治療するための研究、私達の生活に役立つ研究、等々が展開されています。
私たち遺伝子病制御研究所でも北大生の皆さんの研究室訪問・見学を歓迎しています。

研究室で行われている勉強会に継続的に参加したり、実験をすることもできます。また、将来は研究室所属の大学院生として研究を行うこともできます。
興味のある研究内容がありましたら、担当教授にメールで連絡してください。現在のところ訪問できる研究室は以下です。

なお、遺伝子病制御研究所の各研究室の雰囲気やより詳しい研究内容を知りたい方は、研究室名をクリックすると、各研究室へリンクされますので、ご参考にしてください。

RNA生体機能分野
ノンコーディングRNAの生体機能と関連疾患の研究
教授 廣瀬 哲郎 hirose@igm.hokudai.ac.jp
  私たちの研究室では、今世紀のポストゲノム時代に見いだされ「ゲノムの暗黒物質」とも呼ばれるノンコーディングRNAの機能解明を目指しています。特にノ ンコーディングRNAをコアにして形成される核内構造体の構築機構や生体機能、そして疾患との関わりについて研究し、ノンコーディングRNA 機能を取り込んだ新しい研究分野の開拓と、それを起点とした応用基盤の確立を目指しています。
幹細胞生物学分野
近藤亨 神経幹細胞・前駆細胞の異常に起因する疾患発症の分子機構の解析と治療標的の検索
近藤 亨 tkondo@igm.hokudai.ac.jp
  私たちは、神経幹細胞 (NSC)/オリゴデンドロサイト前駆細胞 (OPC)を使い、これら細胞の自己複製・分化の分子機構を解析すると共に、加齢に伴う幹細胞/前駆細胞の変化がどのように細胞の運命(老化、癌化等)を決定し、組織機能の低下や疾患発症に繋がるのか、そのメカニズムを研究しています。これらの知見を基に、新しい治療法の創出を目的として研究を進めています。
分子生体防御分野
高岡晃教 がんと感染における自然免疫シグナルの解析とその治療応用への分子基盤
教授 高岡 晃教 takaoka@igm.hokudai.ac.jp
  当研究室では、生体の恒常性を乱す外因的あるいは内因的なストレス、具体的には、感染やがんに着目し、これらに対する生体防御システムの細胞応答について分子レベルでの解析を行っています。
生体防御システムの中でも自然免疫系においてToll様受容体(TLR)に代表される特徴的な受容体(パターン認識受容体)によって体内に侵入した微生物を認識する機構が存在していることが明らかとなってきております。 さらにこの受容体を介するシグナルは自然免疫系のみならず、その後の適応免疫系の活性化という観点からも重要な役割を担っています。
我々はこの生体防御の最も初めのプロセスと考えられる『認識機構』に着目し、新たな認識受容体の検索を行い、その下流のシグナル伝達経路の解析を進めることで、感染症や自己免疫疾患、癌といった難治性疾患の分子病態の解明、さらには治療への分子基盤の発見を目指したいと考えています。
分子神経免疫学分野
慢性炎症における神経系-免疫系の相互作用と分子基盤の研究
教授 村上 正晃 murakami@igm.hokudai.ac.jp
  「病は気から」とことわざにもあるように、精神状態や神経系が病気・病態に影響を及ぼすことは古くから経験的に知られています。しかし、残念ながら、これらの知見のほとんどはその分子機構の詳細が明らかになっていません。そのため、私たちは、多くの病気・病態のメカニズムである炎症に焦点を当て、臓器の炎症が神経系に及ぼす作用を明らかにすると共に、その神経活動の変化がどのように臓器炎症にフィードバックされるかを解明しています。今後は、個々の臓器における研究結果を合わせて個体レベルで考えることで多くの臓器の間の神経系による相互作用を理解して炎症制御という観点から病気・病態の予防、治療を目指しています。
分子腫瘍分野
藤田 恭之 正常細胞と腫瘍細胞の相互作用
教授 藤田 恭之 yasu@igm.hokudai.ac.jp
  私たちのラボでは、『正常上皮細胞と癌細胞との相互作用』に焦点を当て、癌研究の新たな分野を開拓・展開しています。将来的には、「周りの正常細胞に癌細胞を攻撃させる」というこれまでになかった全く新規の癌治療を開発していきたいと意気込んでいます。
私たちには二つのミッションがあります。一つは新しいタイプの癌治療法を開発し、癌で苦しんでいる人々を救うこと。もう一つは国際的に通用する次の世代の研究者を養成することです。 この北海道の地から、若くフレッシュな力を結集し、世界をリードしていく一流のサイエンスをアクティブに、熱く、そして楽しく展開していきたいと考えています。
免疫生物分野
清野 研一郎 がんと移植/再生の制御を目指した医学研究
教授 清野 研一郎 seino@igm.hokudai.ac.jp
  免疫生物分野では、自然免疫から獲得免疫への免疫系の進化を、これら免疫応答に関わる免疫細胞の分化の視点から解析している。 その知見をもとに生体にとって有利な免疫応答を誘導する方法、すなわち免疫反応の制御の基本戦略を確立し、最終的には免疫関連疾患、移植後免疫寛容、がんなどに対する新しい治療開発を目指して研究を進めている。
分子間情報分野
田中 一馬 膜リン脂質非対称分布の生理的意義の解明
教授 田中 一馬 k-tanaka@igm.hokudai.ac.jp
  細胞極性形成や細胞内小胞輸送は細胞にとって普遍的かつ必須な機能であり、これらの異常は癌や糖尿病といった主要な疾患にも関与しています。細胞極性は細 胞膜上で形成され、また、細胞内小胞輸送は膜の輸送機構でもあることから、両者は共に生体膜に深く関わる細胞機能であると言えます。私達は、生体膜の構成 成分である脂質に着目し、細胞極性形成や細胞内小胞輸送機構を明らかにしようと取り組んでいます。
動物機能医科学研究室
三浦恭子 真社会性齧歯類ハダカデバネズミの老化耐性・がん化耐性の分子メカニズムの解明
准教授 三浦 恭子 miura@igm.hokudai.ac.jp
  ハダカデバネズミはマウスと同じ大きさの小さな齧歯類ですが、驚異的な「健康長寿」能力を持っています。老化が極めて遅く平均28年の長寿命であり、さらに今まで一度もがんの発生が確認されていません。加えて、アリやハチのような社会性をもつ極めて珍しい哺乳類です。私たちは、ハダカデ バネズミ特異的ながん化耐性・老化耐性・社会性制御機構の解明を目指し、分子生物学・発生工学・iPS細胞技術などを駆使して研究を進めています。将来的には、ハダカデバネズミから分かったことを元に、これまでに無い新しい観点からがん化予防・老化予防方法を開発することを目指しています。
血管生物学研究室
樋田京子 腫瘍血管内皮細胞の異常性とその機序の解明 ~新規血管新生阻害療法開発を目指して~
特任准教授 樋田 京子 khida@igm.hokudai.ac.jp
  私たちの研究室ではこれまで正常と同じだと考えられてきた腫瘍血管の内皮細胞(血管の内側を構成する細胞)の特異性を明らかにしてきました。これらの知見 を新しい血管新生阻害剤(抗がん剤の一種)開発につなげたいと取り組んでいます。また、腫瘍血管内皮の特異性獲得のメカニズムを探ることにより、がん間質、がん生物学におけるオリジナルな研究を展開したいと考えています。
小さな研究室ですが、チームワークの良さを活かして楽しく研究を進めていきたいと考えています。