IGMイベント情報

【イベント情報】『第7回北大部局横断シンポジウム』10月1日(金)開催のお知らせ

第7回 北大部局横断シンポジウム ~新領域創成に向けた若手連携の形成~
開催日:令和3年10月1日(金)WEB開催
特別講演:本庶佑先生(京都大学大学院医学研究科、2018年ノーベル医学生理学賞受賞)

詳細は、シンポジウムサイトをご覧ください。
https://www.igm.hokudai.ac.jp/bos/

2021年09月09日お知らせ:IGMイベント情報

【イベント情報】新型コロナウイルス感染症ワクチンに関するトークイベント『なぜなぜサイエンス~ワクチンについて知ろう!~ 』3月27日(土)開催のお知らせ

開催のお知らせ

日時

2021年3月27日(土)11:00~12:00(質疑応答を含む)

会場

札幌市青少年科学館 1階 交流コーナー

目的

新型コロナウイルス感染症の概要やワクチンの原理、実際のワクチン接種の流れなどについて専門家や現場の医療従事者からのお話いただき、ウィルスやワクチンに関する正しい知識を身につけてもらう

講師

北海道大学遺伝子病制御研究所 教授 高岡 晃教
北海道大学医学部呼吸器内科学教室 教授 今野 哲 (※オンライン登壇)

内容

①11:00~11:30(高岡晃教):
ワクチンってなに?
・ワクチンをうつとどうして体がまもられるの?
・新型コロナウイルス感染症のワクチンってどんなもの?

②11:30~11:45(今野 哲):
新型コロナウイルス感染症のワクチンはどのようにうつの?
・ワクチンってどこでどうやって打つの?
・ワクチンを打つのに気を付けなくてはならないことはあるの?
・ワクチンを打つとどうなるの?

③質疑応答 11:45~12:00

参加方法

・当日、科学館での参加は先着順(10時から会場前で整理券配布)

・オンライン参加(札幌市青少年科学館のホームページ(http://www.ssc.slp.or.jp/)にZOOMのURLが記載されていますのでそれを使って当日参加してください)

定員

科学館での参加40名(着席分)、オンライン参加は特に人数制限ありません。

対象

特になし(小学生以上推奨、大人の方も参加可能です)

参加費

無料

実施形態

主催 札幌市青少年科学館・北海道大学遺伝子病制御研究所
共催 北海道大学医学部呼吸器内科学教室
後援 札幌市教育委員会、秋山記念生命科学振興財団

2021年03月11日お知らせ:IGMイベント情報

【イベント情報】『第6回 北大部局横断シンポジウム 若手研究者による生命と物質の融合を目指して!』令和2年10月19日(月)開催のお知らせ

第6回 北大・部局横断シンポジウム -若手研究者による生命と物質の融合を目指して!-

開催日:令和2年10月19日 WEB開催 
特別講演:梶田隆章先生(東京大学宇宙線研究所、2015年ノーベル物理学賞受賞)

詳細は開催サイトへ

(画像をクリックすると拡大します)

2020年10月01日お知らせ:IGMイベント情報

【イベント情報】令和2年8月13日 緊急開催:小中高校生対象 オンライン特別授業「敵を知ろう!新型コロナウイルス」

開催終了のお知らせ

皆様のおかげで、270名を超える数のこどもたちに参加いただき、無事終了いたしました。参加いただいたこどもたちや、保護者の皆様、そして講師の山岸先生、忽那先生に深く感謝申しあげます。
なお、当日の授業内容を再配信いたします。見逃した方はぜひこちらをご覧下さい。

開催のお知らせ

私ども北大研究所では、こどもたち向けにいくつかのセミナーを毎年開いており、遺伝子病制御研究所が中心となり北大附置研が参加し、毎年、春に小学生向けに研究へきてもらって「こども研究所」( https://www.hokudai.ac.jp/events/2019/02/post-770.html) を行ったり、幼稚園へ出張講義へ行き、幼稚園出張講義 「からだをまもるんジャーのはなし」という免 疫のはなしをするなどの活動を行っています( https://www.igm.hokudai.ac.jp/old/lecture/sci2.html)。
また、これとは別に電子科学研究所という北大の別の研究所が主体となって、もう少し上の中高生を対象に「サイエンスレクチャー」という来所型のイベントを行っております。
今年の春もこの2つのがコラボさせ、小学生中高学年から高校生までを広く子供たちを対象にしたプログラムを組んでいたのですが、このコロ ナウイルス流行の影響で、延期となっております( https://www.hokudai.ac.jp/events/2020/02/post-856.html)。
一方、現在の世界規模で流行している新型コロナウイルス感染症の影響で、小中高校の学校が今年の春に一次的に閉鎖になったり、再スタートしても、 かなり学校ではいろいろな制限がなされており、子供たちがすくなからずストレスを抱 えているという現状を目に致します。

こういった背景のなかで、ぜひ私ども北大の研究所が子供たちに向けてなにかできることはないか?と考えまして、サイエンスの視点から、現在問題となっている新型コロナウイルス感染について学べる機会を子供たちに提供し、現在立ち向かっているウイルスや感染症についての 理解を深めることが、こういったストレスや不安、恐怖を少しでも軽減することにつながるのでは無いかと考えました。
夏休み(8 月13日13時30分から;添付のファイルをご覧ください)に でも子供達を対象に、Zoomをつかったインターネットを通し、「 敵を知ろう! 新型コロナウイルス 」と題して、下記の3題についてそれぞれ授業形式で各先生から、わかりやすくサイエンスの視点からいただくことを考えました。

1. コロナウイルスとは なにものか?(ウイルス学:ウイルス学的視点からの情報、ここでは「ウイルスとはなにか?」「ウイルス感染症とは?」といった「総論」を含めて紹介)

2. ウイルスに対するからだを守るしくみ(免疫学:ウイルス感染に対する免疫応答のしくみについて)

3. コロナウイルスにどのように立ち向かうか?現状と今後(医学公衆衛生学:公衆衛生学的な視点からの感染の現状、および予防や治療、検査などについて)

とくに 3.については、現在 東京新宿区の国立国際医療研究センターで実際に患者さんの診療にあたられている忽那賢志先生に特別に臨床感染症医師 および研究者のお立場から、お話し頂くことにもなっております。
いずれも小学生(中高学年)から高校生へ広く理解が可能な、平易な内容でお伝えする予定です。ぜひこの機会に、お子様を交え、ご家族で、現在我々が立ち向かっている新型コロナウイルスという敵についての情報を得ましょう!

緊急企画:北大こども研究所&サイエンスレクチャーコラボ 「 敵を知ろう! 新型コロナウイルス 」

【日時】
8月13日(木)13:30~14:55

【参加方法】
Zoomを 使っての開催となります。
詳細が必要な方は下記のURLあるいは、チラシ上のQRコードで当該サイトへアクセスしてください。
https://www.igm.hokudai.ac.jp/sci/
(注:携帯電話からのアクセスには、Zoomアプリが必要となります)

【対象】
小中高校生(保護者の方も一緒にご覧いただけます)

【申込み・参加費】
不要

【問い合わせ】
「緊急企画北大こども研究所&サイエンスレクチャーコラボ」
事務局代表、高岡晃教(北海道大学遺伝子病制御研究所分子生体防御分野)
TEL: 011-706-5536
E-mail: igm-sci★igm.hokudai.ac.jp
※メールをご利用の際は、アドレスの「★」を「@」に書き換えてご使用下さい。

詳細は、 チラシをご覧ください

2020年08月17日お知らせ:IGMイベント情報
» 続きを読む