共同利用・共同研究拠点

 

北海道大学遺伝子病制御研究所は、平成22年4月1日より、共同利用・共同研究拠点、「細菌やウイルスの持続性感染により発生する感染癌の先端的研究拠点」として認定されました。共同研究のいっそうの推進を計るために、共同利用・共同研究推進室(室長:村上 正晃 教授)を設けております。共同利用・共同研究拠点は遺伝子病制御研究所の光熱費・水道代の一部を補助し、研究の推進に貢献しています。

2016年にリエゾンラボを設置し、研究活動を推進しています。

リエゾンラボとは?

2016年に拠点事業:感染癌研究のさらなる発展と融合研究分野の創生を目的に遺伝子病制御研究所リエゾンラボを新設した。本ラボは感染癌をを構成する4つのステップである感染、癌、免疫、炎症及び新技術の開発をテーマとする5つのラボから成り、それぞれのラボの責任者には本研究所の教授が就任し、国内外の共同研究者を配置して共同研究を推進、発明、特許化、企業との共同研究を実施している。

主な業務内容

公募のお知らせ、旅費・消耗品申請等、共同利用・共同研究が円滑に行われるよう支援しております。

お知らせ

令和3年度 共同研究・研究集会の公募を開始します。

公募要項 PDF

期間延長しました。
令和2年11月16日(月)~令和2年12月16日(水)令和3年1月8日(金)

 

 申請用紙等ダウンロード

» 一般共同研究(別紙様式1) PDF/ Word

» 萌芽的共同研究(別紙様式2) PDF/ Word

» 研究集会(別紙様式3) PDF/ Word

» 共同利用・共同研究承諾書(別紙様式4) PDF/ Word

 

[ English ]

Application Guidelines PDF

Application Period
From Norvember 16, 2020 to December 16, 2020January 8, 2021.

 

  Application Form

» Symposium (PDF/Word )

» General Joint Research Program (PDF/ Word )

» Challenge Joint Research Program (PDF/Word )

» Agreement form (PDF /Word )

» Available Instruments (PDF/Word )

 

令和3年度萌芽的共同研究の追加募集を行っています。

» 萌芽的共同研究(別紙様式2) (PDF/Word )

» Challenge Joint Research Program(Form2) (PDF/Word )

 

共同研究報告書

令和2年度 共同研究・研究集会に関する成果報告書の提出をお願いします。

◆成果報告書 Word

令和3年3月31日(水)~令和3年4月30日(金) 期限厳守

 

» 平成26年度成果報告書

» 平成27年度成果報告書

» 平成28年度成果報告書

» 平成29年度成果報告書

» 平成30年度成果報告書

» 令和元年度成果報告書

» 令和2年度成果報告書

 

共同利用研究に関するお問い合わせ先

北海道大学 遺伝子病制御研究所
共同利用・共同研究推進室 

〒060-0815
札幌市北区北15条西7丁目
TEL:011-706-6083
E:mail:kyodo★igm.hokudai.ac.jp
※メールをご利用の際は、アドレスの「★」を「@」に書き換えてご使用下さい。