北海道大学 遺伝子病制御研究所

北大・部局横断シンポジウム

第7回 北大・部局横断シンポジウム【令和3年10月1日開催】

新着情報

第7回北大・部局横断シンポジウム 受賞者が発表されました
第7回北大・部局横断シンポジウム 受賞者が決定いたしました。
参加者専用ページに掲載しております。
第8回北大部局横断シンポジウムの日程と特別講演のご案内
日程 2022年10月28日(金曜日)ハイブリッド開催予定
特別講演 大隈良典先生(2016年度ノーベル生理学・医学賞)
に決定しました。
参加者専用ページを更新いたしました。
参加者専用ページを公開いたしました。
参加登録メールに記載されたパスワードとIDでログインできます。
研究助成の登録締切を延長いたしました。
研究助成の締切を8/31(火)から9月6日(月)17時に延長いたしました。
たくさんの方々のご応募をお待ちしております。
一般演題の登録締切を延長いたしました。
一般演題の登録の締切を8/20(金)から9/3(金)に延長いたしました。
これに伴い、ポスターの提出締切も9/3(金)から9/17(金)に延長いたしました。
たくさんの方々のご応募をお待ちしております。
特別講演の参加申し込みが始まりました
本庶佑先生の特別講演の参加申し込みが始まりました。
高校生や一般の方など、学外の方からのお申し込みも歓迎いたします。 皆様のご参加をお待ちしております。
サイトを更新しました
プログラム等の詳細を公開いたしました。
特別講演の参加申し込みについては準備中です。今しばらくお待ちください。
サイトを開設しました
第7回北大・部局横断シンポジウムのwebサイトを開設いたしました。
今後、新着情報を随時こちらに掲載していきます。よろしくお願いいたします。

シンポジウム概要

今年度も北海道大学内の若手研究者の交流と融合研究の創成を目的としました『部局横断シンポジウム』の季節となってまいりました。今年度からは、本シンポジウムは、北大の機能強化事業として「新たな学際領域を生み出す異分野融合研究拠点をコアにした若手研究者育成」として実施します。ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。


タイトル: 第7回北大・部局横断シンポジウム 新領域創成に向けた若手連携の形成

日時: 2021年10月1日(金曜日)9時から

会場: Web開催を予定

特別講演: 本庶佑先生(京都大学大学院医学研究科、2018年ノーベル医学生理学賞受賞)


本学数理・データサイエンス教育研究センターに広報と録画、配信の協力をいただき、サイエンスに興味のある高校生の参加、北海道の高校への教材配信も予定しています。 今年も情熱ある本学の若手研究者の交流を促すため、会の企画から運営までを各部局の代表の若手研究者主体で進めることを予定しています。また、口演発表者、ポスター発表者につきましても若手研究者主体で、アンビシャステニュアトラック 教員を含む新進気鋭の研究者による発表を多数企画いたします。

更に、今年も優れた分野融合研究を推進している部局間共同研究(ポスター発表)に対して総額1000万円の北大研究奨励賞(仮)と研究奨励金を進呈する予定にしております。 皆様奮ってご参加いただければ幸いです。

【実行委員】深谷 猛・長谷部 理絵・久保田 晋平・西上 幸範・与那嶺 雄介・冨菜 雄介


日時
2021年10月1日(金曜日) 午前9時~
会場
web 開催
特別講演
本庶 佑 先生(京都大学大学院医学研究科、2018年ノーベル医学生理学賞受賞)
「がん免疫治療の新展開」
主催
機能強化事業「新たな学際領域を生み出す異分野融合研究拠点をコアにした若手研究者育成」
主管
遺伝子病制御研究所、電子科学研究所
共催
水産科学研究院、地球環境科学研究院、理学研究院、薬学研究院、農学研究院、先端生命科学研究院、大学院法学研究科、教育学研究院、保健科学研究院、工学研究院、医学研究院、歯学研究院、獣医学研究院、文学研究院、情報科学研究院、北海道大学病院、低温科学研究所、触媒科学研究所、アイソトープ総合センター、量子集積エレクトロニクス研究センター、スラブ・ユーラシア研究センター、情報基盤センター、北極域研究センター、人獣共通感染症リサーチセンター、北方生物圏フィールド科学センター、生命科学院、総合化学院、医理工学院、総合博物館、化学反応創成研究拠点、数理・データサイエンス教育研究センター、URAステーション、産学・地域協働推進機構
後援
北海道大学部局横断型シンポジウム等開催経費助成、文部科学省共同利用・共同拠点事業、文部科学省「数理及びデータサイエンスに係る教育強化事業」、フォトエキサイト二クス研究拠点事業、北海道教育委員会、札幌市教育委員会、北海道高等学校理科研究会、北海道青少年科学文化財団、国立研究開発法人日本医療研究開発機構
プログラム
下記に記載(こちらをクリック
問い合わせ先
BOS2021@igm.hokudai.ac.jp
(JAPANESE | ENGLISH

参加申し込み

◆発表者の参加登録はこちらから

*研究助成(ポスター発表)、一般発表(口頭およびポスター発表)以外の発表者は「部局横断シンポジウムへの参加申込」にて参加登録を行って下さい。
*参加申込完了後に、登録完了メールが届かない場合は、上記問い合わせ先メールアドレスまでご連絡ください。

◆一般参加者(聴講のみ)の参加登録はこちらから

*部局横断シンポジウムへの参加には特別講演聴講も含まれます。
*参加申込完了後に、登録完了メールが届かない場合は、上記問い合わせ先メールアドレスまでご連絡ください。

参加者専用ページ

*抄録・ポスターのPDF閲覧および、当日のオンライン会場へのリンクはこちら。
*アクセス用の認証は、参加登録時の受付完了メールにてお知らせいたします。

発表・研究助成「異分野融合による新領域研究」について

◆研究助成に関する応募書類のダウンロードはこちらから

研究助成募集要項 研究助成申請書 研究助成計画書 研究助成の発表要旨
PDF Excel Word Word

◆一般発表に関する応募書類のダウンロードはこちらから

一般演題募集要項 一般演題概要 一般演題ポスター例
PDF Word PowerPoint

よくある質問 Q&A

Q1. Remoとはなに?
Remoは、オンライン会議ツールで、テーブルをベースとしたもので同じテーブルに座っている人だけと会話できます。また、参加者は自由に別のテーブルに移動できます。本シンポジウムのポスター発表では、Remoを用います。各ポスター発表者と参加者が一つのテーブルに集い、議論を行います。詳しい情報は、https://okanegatamaru-kataduke.net/archives/8517.htmlをご参照いただき、参加者は予めRemoの登録をお済ませください。
Q2. WebeXとはなに?
WebeXとは、CASIOで開発されたオンライン会議ツールです。詳しい使用方法は、【Cisco Webex Meeting マニュアル】をご参照ください。
Q3. ポスターのフォーマットに指定はありますか?
本シンポジウムはウェブ上にポスターを貼り付ける形式ですので、フォーマットは特に指定がありません。HP上にポスターの例をA0の大きさで掲載しております。A0以下(A1など)で作製されれば、特に問題はないかと思います。
Q4. ポスターへのSDGsの表示について教えてください。
SDGsの掲載のについては上記(応募書類のダウンロード)のポスター例をご参照ください。
Q5. 特にデータを隠したいとかがなければ発表用のポスターは、助成金審査用のポスターと同一の大きいPDFとかでOKでしょうか?
同一で結構です。

プログラム

9:00~9:05
開会の挨拶: 寳金 清博 北海道大学総長
9:05~10:25
アンビシャステュニアトラック准教授セッション1(Webex)
10:40~11:50
アンビシャステュニアトラック准教授セッション2(Webex)
12:00~13:30
ポスターセッション・一般・研究助成 (Remo 1テーブル/ポスター)
13:30~14:45
特別講演1(Webex):本庶 佑 先生(京都大学大学院医学研究科、2018年ノーベル医学生理学賞受賞)
講演後 Q&A (座長:寳金清博 北海道大学総長)
14:50~15:10
特別講演2(Webex): 「北大の実フィールド研究の方向について」増田 隆夫 先生(北海道大学理事・副学長)
15:10~15:25
特別講演3(Webex): 「研究者と特許」 中田 昌宏 先生(北海道大学産学協働マネージャー)
生命科学・医学 / 物質化学 / 融合 セッション


15:30~16:15
第6回北大・部局横断シンポジウム 最優秀奨励賞セッション(Webex)
16:20~17:00
文理融合セッション(Webex)
17:10~17:50
ムーンショットセッション(Webex)

15:30~16:10
物質科学セッション1(Webex)
16:20~17:00
物質科学セッション2(Webex)

15:30~16:10
生命科学・医学セッション1(Webex)
16:20~17:00
生命科学・医学セッション2(Webex)


18:00~
総評とベストプレゼンテーション賞・ベストポスター賞発表 : 村上 正晃 実行委員長
研究助成対象グループ発表 (Remo)
閉会の挨拶 : 田中 一馬 遺伝子病制御研究所所長
閉会の挨拶終了後
懇親会 (Remo)