お知らせ

ムーンショット目標7 キックオフシンポジウム(6月26日 土曜日)開催のお知らせ

ムーンショット目標7 キックオフシンポジウム「健康不安なく100歳まで」が、下記の通り開催されます。

開催日程:令和3年6月26日(土) 13:30~17:00
開催形態:オンライン(ZOOMウェビナーにて配信)


参加申込み・詳細につきましては、特設ホームページ(https://moonshot7.jp/)およびポスター(PDF)をご覧ください。

 

2021年05月31日

成果報告に3件の論文を追加しました。

北大遺伝子病制御研究所から、以下の3件の研究成果が報告されました。

・Shimoyama S, Nakagawa I, Jiang J-J, Matsumoto I, Chiorini JA, Hasegawa Y, Ohara O, Hasebe R, Ota M, Uchida M, Kamimura D, Hojyo S, Tanaka Y, Atsumi T, Murakami M. Sjögren’s syndrome-associated SNPs increase GTF2I expression in salivary gland cells to enhance inflammation development. Int Immunol. in press

・Uchida M, Yamamoto R, Matsuyama S, Murakami K, Hasebe R, Hojyo S, Tanaka Y, Murakami M. Gateway reflexes, neuronal circuits that regulate the gateways for autoreactive T cells in organs that have blood barriers. Int Immunol. in press dxab022 (2021) doi: 10.1093/intimm/dxab022

・Murakami K, Kamimura D, Hasebe R, Uchida M, Abe N, Yamamoto R, Jiang J-J, Hidaka Y, Nakanishi Y, Fujii S, Toda Y, Toda N, Tanaka H, Akira S, Tanaka Y, Murakami M. Rhodobacter azotoformans BP0899 LPS(RAP99-LPS) is a TLR4 agonist that inhibits lung metastasis and enhances TLR3-mediated chemokine expression. Front Immunol.

 

2021年05月25日

令和2年度 AMED「ムーンショット型研究開発事業」に村上正晃教授の課題が採択されました。

【ムーンショット目標7】 2040年までに、主要な疾患を予防・克服し100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムを実現

【研究開発プロジェクト名】病気につながる血管周囲の微小炎症を標的とする量子技術、ニューロモデュレーション医療による未病時治療法の開発

※ムーンショット型研究開発制度概要 
我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来技術の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発(ムーンショット)を推進する新たな事業です。本事業では、未来社会を展望し、困難だが実現すれば大きなインパクトが期待される社会課題等を対象として、研究開発を実施します。AMEDでは、健康・医療分野のムーンショット目標「主要な疾患を予防・克服し100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムの実現」に向けて研究開発を推進します。

2021年04月01日