脂質の細胞生物学

細胞を構成する基本単位である生体膜は、細胞の形態や極性、小胞輸送、オルガネラの機能を支える場としてとても重要です。生体膜には様々な脂質が存在すること、また、脂質の分布には二重層間で非対称性が見られることから、脂質は生体膜の機能発現に重要な役割を果たしていると考えられますが、膜の特殊な物性と脂質が低分子であることから解析が難しく、未解明な点が多いのが現状です。

脂質の分子種や非対称性は酵母からヒトまで広く保存されています。私達の研究室では、モデル生物である酵母細胞を用いて、脂質の非対称性や分布の変化が多様な細胞機能を制御するメカニズムを解析しています。

最新情報

2017. 5. 10  研究室メンバーを更新しました。
2017. 1. 25  研究室メンバーを更新しました。
2017. 1. 11  『主要発表論文』up
2016. 5. 23  研究室メンバーを更新しました 2015. 5. 19  研究室メンバーを更新しました 2015. 3. 19  『主要発表論文』up
2015. 3. 3  研究内容を更新しました。
2015. 1. 27  研究室メンバーを更新しました。
2014. 9. 29  『主要発表論文』up
2014. 4. 17  大学院説明会の情報を追加しました。(募集情報
2014. 4. 11  研究室メンバーを更新しました。
2014. 2. 10  『主要発表論文』up
2013. 5. 15  『主要発表論文』up
2013. 4. 9  研究室メンバーを更新しました
2013. 1. 30  『主要発表論文』up 2012. 5. 11  研究室メンバーを更新しました
2012. 3. 1  事務職員募集中! ※募集は終了致しました
2012. 2. 15  『主要発表論文』up
2012. 1. 24  『主要発表論文』up
2012. 1. 4  大学院生募集中!詳細はこちらをご覧ください
2012. 1. 4  サイトリニューアル